生活の中で足を組んで座るのを避ける

生活の中では座らないことも健康のうちと考える

生活の中で足を組んで座るのを避ける 鉄道に乗るときに席取り競争をすることもあるでしょう。最寄り駅が始発の電車を選ぶことがあるかもしれません。朝などは席に座れるかどうかで快適さが大きく変わることがあるのである程度は意識しないといけません。誰かを待つときにもベンチなどがあれば座る場合があります。人はちょっと時間があったりするとすぐに座って待つ習慣があるかもしれません。

立っているのと座っているのとでは体力的には座っている方が楽になりそうです。立つと足全体に体重の負担が行きます。では座ると体にとって健康的かとなると必ずしもそうではありません。座ったとしても体にかかる負担は同じです。どこにかかるかです。足ではなく椅子と接することになるお尻から腰あたりに負担が分散されることになります。

腰あたりにバランスよく負担が行けばよいですが、実際には不安定に負担が行くので負荷がかかりやすくなります。生活の中では座るか立っているかの選択肢が取れるならできるだけ立っていた方が良いこともあります。仕事や勉強はなかなか立って行う習慣がありません。でもある企業などでは立ったまま仕事ができるような空間を設けてくれています。立っている時間を少しでも取ることで座る負担を減らせます。

新着おすすめ

Copyright (C)2019生活の中で足を組んで座るのを避ける.All rights reserved.