生活の中で足を組んで座るのを避ける

生活をする中で正座をうまく活用する

生活の中で足を組んで座るのを避ける 子供のころにいたずらをしたときなどにやらされることに正座があったかもしれません。冬の寒い廊下に足をべったりとつけて座らなければいけません。かなりつらく子供心にはもういたずらはしないと感じるのでしょう。正座は日本的な座り方の一つかもしれません。あまり外国人が行っている様子を見ません。日本人でも正座をする人を見かけることが少なくなっています。

生活の中では正座をするのは良いことか、それともあまりよくないことかがいわれます。一つには良くないといわれることがあります。足を折りたたむように座ります。この時に膝の部分が伸びた状態になります。膝関節に負担をかけることがあります。またしびれが来ますがこれは血流が悪い状態を表します。長く行っていると血流に何らかの問題が出てくる可能性があります。

逆にいい面として自然に背筋が伸びた座り方ができます。普段は背筋を伸ばして座るのはつらいことがありますが、正座に限っては自然に背筋を伸ばします。また腰への負担を考えるとあまり多くないとされています。良い面も良くない面もある正座ですがある道具を使うとよい面ばかりになります。それは正座を補助する道具です。これによって膝の負担を減らし血流も滞りません。楽に座れて姿勢などは良くなります。

Copyright (C)2019生活の中で足を組んで座るのを避ける.All rights reserved.