生活の中で足を組んで座るのを避ける

生活の中で背もたれに寄りかかる座り方は良いか

生活の中で足を組んで座るのを避ける 鉄道であったり飛行機、高速バスなどの座席の特徴として背もたれの調節ができる場合があります。乗ったら早々に背もたれを倒す場合があるでしょう。後ろの人にとっても最初からしてもらっていた方が良いこともあります。軽く倒す人もいれば、限界まで下げる人もいます。高速バスなどだと寝る人のためにかなり倒すことができるタイプもあるようです。

自宅などでは自由に椅子を購入できるので背もたれの調節ができるタイプを利用することがあります。生活の中で背もたれをうまく利用できているかです。倒すことを考えると多くの人は背もたれに寄りかかっていると考えられます。しかしあまり寄りかかるのは良くないとされます。体の背骨から骨盤にかけてはSカーブを描くのが理想とされています。これは背筋を意識的にまっすぐ伸ばした時に形成されます。

少しでも気を緩めたりするとすぐにS字は維持できなくなり、途端にある部分への負担が高まります。背もたれに寄りかかると腰のあたりが浮く状態になります。これがあまりよくなく、腰のあたりの負担が大きくなります。生活の中で長く座ることを考えるなら、背もたれはあまり使わないのが理想です。背もたれをまっすぐ立て、さらにその背もたれに当たらないぐらい背筋を伸ばせば負担が減ります。

Copyright (C)2019生活の中で足を組んで座るのを避ける.All rights reserved.